10-FEETってどんなバンド?wikiプロフ・経歴まとめ!紅白で歌う曲は?

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

10-FEETは3ピースロックバンドです。

2001年にインディーズデビューから

22年の時を経て

2023年の紅白歌合戦

出場をすることが決まりました。

そこで、10-FEETのメンバープロフィール、

紅白で披露する曲を調査しました。

スポンサーリンク
目次

10-FEETのwikiプロフ・経歴まとめ!

プロフィール

10-FEET

10-FEETは1996年に京都で結成された

3ピースバンドです。

ライブのMCでファンを笑わせたり、

心に響く歌と言葉で

ファンの涙腺を決壊させたり

「笑えて、泣けて、燃える」

バンドといわれています。

ジャンルは多種多様

10-FEET
  • メロディック・ハードコア(メロコア)
  • ロック
  • パンクロック
  • ヘヴィメタル
  • レゲエ
  • ヒップホップ
  • ギターポップ

メロコアをメインとしつつ

その中にレゲエを取り入れたもの、

ヘヴィメタルやヒップホップ的な要素もある

ミクスチャー寄りのものなど多岐に渡っています。

疾走感のあるメロディとサウンドに

違った要素を挟むことで

楽曲に緩急がついるのが特徴です。

また、コンピューターによる

ループサウンドが入っていたりするので

色んな音楽性を取り入れた

新しいサウンド生み出しています。

スポンサーリンク

リリース作品

10-FEET

バンドの名を全国に知らしめたのが

2002年10月にリリースされた

3枚目のシングル『RIVER』です。

現在でも10-FEETの代表曲として

RIVERは歌われています。

同楽曲はオリコンのシングルチャートに

何度も登場するロングセラーとなりました。

2003年にはシングル『nil?』で

メジャーデビューを果たしました。

2017年のアルバム『Fin』は

オリコンチャート最高2位を記録し、

最高位を獲得した作品となりました。

フェス開催

10-FEET

地元の京都で2007年から

10-FEET主催の「京都大作戦」という

夏フェスを毎年開催しています。

10-FEETが憧れている

Hi-STANDARDが主催している

AIR JAMを参考にしていると

いわれています。

10-FEET

マキシマム ザ ホルモン、WANIMAなど

多くのアーティストが参加しています。

10-FEET

過去には、ELLEGARDEN、ウルフルズ、

つじあやの、MINMI、BEGINなどの

豪華アーティストも参加していました。

スポンサーリンク

経歴

10-FEET

バンド名は当初

1000-FEET(センフィート)だったようです。

しかし、後日メンバーで話しあったところ、

「ダサない?1000(セン・千)って日本語もどうなんや?
 これ、間違ってワンサウザンドフィートとか呼ばれへんか?」

となり、近しいところで

10-FEET(テンフィート)になったようです。

バンドの創成期は4人編成

ギタリストが在籍していましたが

脱退にともない3ピースで

活動をすることになりました。

結成後は京都府内を中心に

ライブ活動を行っていて会場で販売されたデモ音源

毎回売り切れになるほどの人気だったようです。

10-FEET

今、このデモ音源を持っている人は相当なプレミアがついています。
販売当初は数百円でしたが、今は数万円するようです。

音楽に本腰を入れるため、

2000年末に東京へ拠点を移し、

3人での共同生活を開始します。

2001年にインディーズデビューをします。

東京での生活は過酷なもので

3人とも体重が10キロも落ちたそうです。

東京で拠点を置いたのにも関わらず

レコーディングとツアーで

ほとんど家にいないことに気付き、

京都を拠点でも出来ると思い

2002年11月頃に再び拠点を京都に戻しています。

その後はライブのチケットが

SOLD OUTするなど、

着実に人気は高まっていきました。

ドラマの主題歌やCM曲に選ばれるようになり

2022年には「ミュージックステーションスーパーライブ」にも

出演し、結成25年目にして

初めてテレビでのパフォーマンスを披露しました。

スポンサーリンク

【画像】10-FEETのメンバー紹介!

ボーカル・ギター

10-FEET

名前:TAKUMA(タクマ)
本名:三田村 卓真(みたむら たくま)
生年月日:1975年8月14日

年齢:48歳(2023年現在)
出身地:京都府京都市

ボーカルとギターを担当するTAKUMAは、

野太い声と低く構えたギターが特徴的な

10-FEETのフロントマンです。

小学校6年生のときに聴いた「Bon Jovi」で

ロックにハマり、ヘヴィメタルや

ハードロックの世界にのめり込んでいったそうです。

ベース・ボーカル

10-FEET

名前:NAOKI(ナオキ)
本名:井上 直樹(いのうえ なおき)
生年月日:1977年8月24日
年齢:46歳(2023年現在)
出身地:京都府京都市

ベーシストのNAOKIはTAKUMAと共に

ヴォーカルを担う場面も多く、

そのハイトーンの声色は

10-FEET第二の声として楽曲に

欠かせないものとなっています。

最初に手にした楽器は高校1年生のときに

買ったギターだったようです。

Green Dayといったバンドの

影響からパンクを演奏するようになりました。

スポンサーリンク

ドラム・コーラス

10-FEET

名前:KOUICHI(コウイチ)
本名:中岡 浩一(なかおか こういち)
生年月日:1975年9月12日
年齢:48歳(2023年現在)
出身地:京都府京都市

ライヴ中にいきなりヴォーカルを任されたりと

10-FEETのいじられキャラとして

ファンに親しまれています。

ロックに目覚めたきっかけは、

中学校2年生のときに

兄に見せられた音楽映像で

ドラムをやりたいと思ったことだそうです。

もともと保育士になるために

準備をしていましたが、

勧誘に来たTAKUMAとNAOKIから

デモ音源を聴かされ、

かっこよかったことから

10-FEETに加入することを決めました。

スポンサーリンク

【2023】10-FEETが紅白で披露する曲はなに?

10-FEET

2022年12月3日に全国の劇場で公開されれた

映画『THE FIRST SLAM DUNK』の

エンディング主題歌

『第ゼロ感

を歌うと思われます。

同楽曲は、

ストリーミング再生回数2億回を突破しています。

@saborino_cika 10-FEET 第ゼロ感 この曲カッコよすぎる、、 雨やばくて雷で一時避難(笑) びしょ濡れなった人🙋‍♂️(?) #10FEET #第ゼロ感 #ロッキン #ロッキンジャパン #ロッキン2023 ♬ オリジナル楽曲 – かずき

紅白歌合戦への初出場が発表された翌日のライブで

祝福ムードに包まれた場内から

「おめでとう!」「ありがとう!」といった

ファンの声が届くと

ボーカル/ギターのTAKUMAは

「こちらこそ、ありがとうや」

「対バン(仲間)とみんながここまで連れてきてくれました」

と感謝の意を伝えました。

また、インタビューでは

「紅白歌合戦という名誉な場を用意
 していただけたんで一生懸命、ライブをしたいと思います」

と意気込みを話していました。

これからの活躍がますます楽しみですね!

スポンサーリンク

追記:紅白での歌唱曲が決定!

2023年12月22日に、

紅白歌合戦で披露する楽曲が一斉に発表されました。

10-FEETが歌う楽曲はやはり、

『第ゼロ感』

でした!

映画『THE FIRST SLAM DUNK』の影響で

一気に話題になったことが大きいのでしょう。

とても楽しみです。

【5選】MISAMOってどんなグループ?紅白内定の理由や歌う曲は?
【5選】Adoは紅白で顔出す?これまで顔出ししていないのはなぜ?素顔も公開!
キタニタツヤが紅白出場の理由は?東大卒で作詞・作曲能力の評価も!?

あわせて読みたい
【5選】MISAMOってどんなグループ?紅白内定の理由や歌う曲は? 2023年11月11日、第74回NHK紅白歌合戦に3人組のガールズグルーMISAMOが初出場することが報道されました。 TWICEの日本人サブユニットのMISAMOとはどんなグループで、メンバーは誰なのか、紅白内定の理由と歌う曲について調査してみました。
あわせて読みたい
【5選】Adoは紅白で顔出す?これまで顔出ししていないのはなぜ?素顔も公開! 『うっせぇわ』で爆発的なヒットを記録した歌手のAdoさん。特徴的な歌い方とかっこい歌声でとても印象に残る曲でしたね。そんなAdoさんですが、いまだに素顔は公開していません。 今回は、紅白での顔出しはあるのか、またなぜ今まで顔出ししてこなかったのかなど、Adoさんの素顔も含めて調べてみました。
あわせて読みたい
【2023】キタニタツヤが紅白出場の理由は?東大卒で作詞・作曲能力の評価も!? シンガーソングライターのキタニタツヤさんが、2023年「第74回NHK紅白歌合戦」に初出場することが決まりました。今回はその理由と、東大卒のキタニタツヤさんの経歴や、作詞・作曲の評価について世間の評判もふくめて調べてみました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次