10-FEETの解散説はデマ!仲悪いといわれるのはなぜ?仲良しエピソードも紹介!

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

映画『THE FIRST SLAM DUNK』の

エンディング主題歌を担当している「10-FEET」。

2022年には結成25周年を迎えました。

そんな10-FEETですが、

解散するのでは?」

という噂が度々あったようです。

今回は、10-FEETの解散説

不仲説について調べてみました。

スポンサーリンク
目次

10-FEETの解散説とは?

10-FEET

映画やドラマの主題歌など大活躍の

10-FEETですが、解散説が度々出ているようです。

しかし、解散説はデマで間違いないと思われます。

理由として、公式での発表は一切ないことと、

全国ツアーなどバンドとしての活動予定があることなどがあげられます。

解散説の詳細を調べてみました。

①解散後3秒で再結成

10-FEET

2022年に出演したサタニックカーニバル

楽しいことも悲しいこともお前らと分かち合いたい

という考えから、

「演奏中に解散し 3秒で再結成」

というパフォーマンスを行ったようです。

このパフォーマンスが、口コミで拡散していくうちに

ホントに解散した」と思ったファンがいたようです。

一瞬驚いたこととは思いますが、

すぐに再結成していたので、

解散したとは少し違うと思われます。

スポンサーリンク

②アルバムのタイトル

10-FEET

2017年11月1日に、『thread』以来、

5年ぶりのアルバムが発売されました。

5年ぶりということもあり、

ファン待望の新作だったのですが、

このアルバムのタイトルが『Fin』でした。

Fin」という単語は、

映画のエンドロールにもよく見られるように、

終わりを意味する単語です。

アルバムのタイトルがそんな終わりを感じる単語であったため、

ファンの間では「活動休止?」「解散?」

なんていう噂が広まっていったようです

「Fin」というタイトルは

これが最後になるという感覚を、とにかく自分に宿してやってて。

ほんまにこの音源出して10-FEETはなくなる、

俺も死ぬんだ、っていうぐらいの気持ちやったんです、ずっと。

引用元 rockin’on.com

という思いから付けたようです。

と言う訳なので、解散とは全く関係ないようです。

スポンサーリンク

③ライブ中の事故

10-FEET

2010年3月18日、

Zepp東京でのライブ中にダイブした男性が、

負傷してそのまま意識不明になるという

事故が発生しました。

事故後、メンバー全員で病院に駆け付けたそうです。

10-FEETがファンを大切にしていることが分かるエピソードです。

ファンを大切にしている10-FEETに

とってはとてもつらい出来事だったと思われます。

10-FEETに直接関係がない事故とはいえ、

この時期に、10-FEETのブログが滞っていたことも重なり、

解散の噂がささやかれたようです。

10-FEET
出典:SPICE

解散説について、3つに絞って

真相を調べてみましたが、

解散はないということで大丈夫だと思われます。

10-FEETはこれからも、

ファンを大切にしながら、活動を続けてくれそうです。

スポンサーリンク

【理由3選】10-FEETが仲悪いと言われるのはなぜ?

10-FEET
トレトピマガジン

10-FEETは仲が悪いと、

言われることが多いようですが、

これもまた、単なるうわさだと思われます。

ではなぜ、仲が悪いといわれるのか、

その理由についても調べてみました。

①TAKUMAのソロ活動

10-FEET

ボーカルであるTAKUMAさんは、

卓真」としてソロ活動もしています。

2021年には、映画『軍艦少年』の主題歌を

書き下ろしています。

ソロ活動について、インタビューされたTAKUMAさんは、

「ソロ活動を始めたけど、バンドが嫌とか、                                          ソロでしか表現できないことがあるわけじゃない」                                 10-FEETでやりたいことは一切変わってないし、                         まだ全然達成できてないと思ってますから。   (引用元 L mage.jp)

と答えているようです。

ソロ活動だけではなく、

バンドでの活動も大切に思っているようですね。

この、ソロ活動の発表から10-FEETの不仲説

生まれたようですが、実際は仲は悪くなさそうです。

スポンサーリンク

②共同生活の解消

10-FEET
トレトピマガジン

メジャーデビュー前

京都から上京した際に3人で共同生活を送っていたようです。

ですが、その共同生活は2年ほどで解消しました。

解消した理由は、

東京にいてもレコーディングとツアーばかりの生活だったから

ということだそうです。

それなら、京都にいても活動ができると考えたのですね。

メジャーデビュー前の共同生活だったので、

単純に節約するための共同生活

だったと思われますが、

共同生活の解消ということで、

不仲説になったようです。

③「仲悪い」発言

10-FEET

毎年夏に10-FEETが自主開催している、

野外フェス『京都大作戦』で

26年間、仲悪いながらなんとかやってる訳ですけど…」  

と、NAOKIさんが挨拶すると、

「 お前そんなん今ゆーなや!

お前やめろや!仲が良いバンドって売りにしてんねんぞ、俺ら」 

と、TAKUMA さんとKOICHIさんが

慌てて駆け寄ってきた

というような場面があったようです。

仲が良いからこその

その場を盛り上げるためのパフォーマンス

だったようです。

ファンたちはそれを分かっていて、

あえて面白がっていたようです。

ですが、この発言が

不仲と言われる、理由の1つではないかと言われています。

仲が悪いは、事実ではないようですね。

スポンサーリンク

10-FEETの仲良しエピソードを紹介!

10-FEET

仲が悪いエピソードもある、

10-FEETですが、

仲が良いとわかるエピソード

たくさんありました。

①声かけでバンド再開

10-FEET
出典:Instagram

結成前のことですが、KOUICHIさんが、

保育士免許をとるためにバンドをやめたとき、                           

TAKUMAさんが声をかけると、

すぐにバンド活動を再開したということもあったようです。 

②共同生活

10-FEET
出典:Instagram

共同生活を解消したため不仲といわれるのではないか

と前述しましたが、

裏を返せば2年間生活を共にしていたのは

仲良しだといえますよね。

また、ライブ中に3人でワイワイガヤガヤしている姿が見られたり、

3人の仲睦まじい様子の写真

プライベート感のある写真が多いといいます。

スポンサーリンク

③3人同時に感染

10-FEET
出典:Instagram

コロナウィルスが流行っていた頃、

3人で同時に感染していたようです。

これは一緒にいる時間が長いということですよね。

以上、10-FEETの仲良しエピソードを集めてみました。

解散説が出たり、仲が悪い説が出たりする

10-FEETですが、

TAKUMAさんの投稿からも分かるように

仲間思いの本当に仲の良い3人組のようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次